最終更新日時 2016.06.26
ツイート

ポタアンナビ

話題のポータブルアンプのリリース情報や関連記事を素早くチェック出来ます。情報はリアルタイムで更新されます。

Loading...

売れ筋ランキング トップ10

人気のポタアンがメーカーごとにわかるランキングです。タブクリックでそれぞれのメーカーの売れ筋トップ10が表示されます。ランキングデータは1時間ごとに自動更新されます。

※このサイトで掲載されている情報は、ポタアン ナビにより管理・運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に販売店に表示されている価格が、その商品の販売に適用されますのであらかじめご了承下さいませ。


メーカー別特色

国内・海外のポタアンメーカー別の特色やおおまかな特徴、定番機種をリポート。

Audio-Technica [オーディオテクニカ](日本)

国内大手メーカー。
従来は据置型を主軸としていたが、近年、ポータブルアンプの新製品も発表し、高い評価を受けている機種もある。
国内メーカー品という事もあり、仕上げも良くそこそこ安心して使用出来るのが一番の特徴。汎用タイプのPHA10からDockに直接接続するPHA30iまでリリースされている。

ALO audio [エーエルオー](アメリカ)

ケーブルデザイナーであるKen Ball氏によって創立されたアメリカのメーカー。
ポータブルオーディオの業界では老舗とされている海外ガレージメーカーの雄。
AudioLineOutの頭文字を取ってALOとの呼び名の通り、主にケーブル製品の設計と生産が主軸ではあるがポタアンの設計にも力を入れており、一つ一つ丁寧にハンドメイドによって作られるその製品群には定評がある。

AUDIOTRAK [オーディオトラック](韓国)

韓国に本拠を持つPC関連機器メーカー。
音響関連機器にも力をいれており、ポータブルアンプの草分け的メーカーでもある。ソケットタイプのオペアンプが簡単に交換できるのが特徴であり、音質向上を目的に手軽に交換改造ができる点が評価されている。
ハイエンドな高級パーツを組み合わせたその製品はコストパフォーマンスに優れるとの定評がある。

FiiO [フィーオ](中国)

小型ポータブルアンプの知名度を爆発的に向上させた中国メーカー。
非常に安価ではあるが、同メーカー機種に主に使用されているTexasInstruments製のオペアンプは高い評価を受けており、その裏付けされたテクノロジーと音質には定評がある。
一見してアンプとはわからないほどコンパクトなE1からDACを搭載した本格派のE7までがリリースされている。

MH audio [エムエイチオーディオ](日本)

オリジナルから発想し良いと考えるモノを創る。ハンドメイドが特徴の国内メーカー。
従来のオーディオの概念に囚われないで自由に気持ちよく楽しむ事をモットーとしており、無意味な豪華さや見かけ上のスペックにとらわれないスタイルが好評を得ている。
カスタムオーダーなどの相談も受け付けており柔軟性は非常に高い。ただし、全ての製品が手作りゆえ、メーカー在庫が無い時のリードタイムは長くなりがちである。










Amazon.co.jpアソシエイト
このページの先頭へ